今回は宇治についてです。

続いて、伏見稲荷駅から約15分行ったところにある「宇治」についてご紹介しましょう。

なんと、私の本籍がこの「宇治」なのです。

私の祖母が宇治でいるので、宇治についてはすごく詳しいと自信を持って言えます。

では、宇治について語りましょう。

宇治は、かねてより「お茶」が有名であり、あの有名な千利休がこの宇治川で水をくみ戦国武将とともにお茶会をしたとして有名であります。

近年ではこの「お茶」について世界から着目されており、これもクール・ジャパン!!として日本がプッシュしているそうです。

ですので、休日になるとこの宇治には沢山の観光客が集まります。 お茶をもてなすスタッフが足りなくなり、求人を出すこともしばしばあると言われています。

また、宇治には「平等院鳳凰堂」「宇治上神社」などの世界文化遺産も多くあり、この参道にはたくさんのおみやげ屋さんが多くあります。

また、宇治の川の畔には多くの鮎が泳いでおり、釣り人も集まるオールマイティーの観光地になっているのです。

私が、良くこの宇治に帰省した際には、興聖寺にある墓へ墓参りをしていました。 その参道はまるでジブリの「千と千尋の神隠し」のような樹木が多く茂っており、毎度行く度に心が癒やされました。